事業計画

2020年度 佐賀県看護連盟 事業計画
重点方針    ・見える活動 ・行動する会員 ・確かな組織づくり

 

目的 目  標 方  針 活  動











  1. 看護職国会議員の選出・支援
1)

看護職国会議員の確保

2)

公職選挙法の順守

  • 看護職国会議員の名前、活動状況を周知する。
  • 岡山県看護連盟、京都府看護連盟への支援。
  • コンプライアンスに基づいた活動をする。
  1. 看護政策の実現
1)

日本看護連盟、都道府県看護連盟の政策実現力の強化

2)

現場の声の把握と改善

  • 看護問題対策議員を活用する。
  • 九州ブロック看護管理者等政策セミナーに参加し政策提言力の強化を図る。
  • 「現場の声」を集約し本部委員会に届け要望書等につなげる。
  • 現場における課題を明確にし、解決に向けて検討する。
  1. 看護を理解する国会議員の確保と支援
1)

都道府県選出の国会議員との連携強化

  • 佐賀県看護連盟を支援している国会議員との交流の場を持ち連携を図る
  1. 地方議会、地方行政の影響力の強化
1)

佐賀県看護問題対策議員連盟の活動促進

2)

地方議員との情報交換と活動支援

3)

地方議会、行政等との情報交換

  • 地方議員との交流の場を設け、連盟に対する理解を深める。
  • 地方議員の活動を支援する。
  • 地方議会、行政等へ要望書を提出する。
  • 地方行政の看護政策に関する政策を積極的に入手する。
  1. 地方議員の擁立と支援
1)

地方議員候補者の発掘と育成

2)

地方議員との連携強化

  • 県議、市議等への立候補者への支援を行う。
  • 自民党佐賀県連等が実施しているプログラム等に積極的に参加する。








  1. 看護連盟・看護協会との連携・協働のさらなる推進
1)

佐賀県看護連盟と佐賀県看護協会との連携強化

  • 協会役員が連盟役員を兼ねる(1名)。
  • 佐賀県看護協会との情報交換会を開催する。
  • 連盟・協会の合同研修会を年2回開催する。
  1. 広報活動の強化・充実
1)

ナーシングナウキャンペーンへの積極的参加

2)

会員に向けた広報活動の充実・強化

3)

選挙活動に有効なインターネット広報ツールの再構築

  • 地方議員の「看護体験」を企画実施する。
  • 機関紙「ユニテ」の発行(年2回)。
  • 本部からのアンフィニ、ミニアンフィニ、web アンフィニを周知し活用する。
  • 新スローガンを会員に広く周知・徹底する。
  • 効果的なSNSの活用について検討する。
  • ホームページの効果的な運用を検討する。
  1. 看護連盟の活動の強化および周知徹底
1)

日本看護連盟・佐賀県看護連盟との情報の共有化

2)

自律した会員の育成を目指した研修の推進

  • 本部からの情報発信を効果的に活用する。
  • 本部・ブロックの会議研修等に積極的に参加する。
  • 未入会施設等でミニ研修会を開催する(支部)。
  • 総会出席、国会見学等への支援。
  1. 会員の確保対策
1)

2020年度の増員目標数の設定と目標管理

2)

看護連盟入会の促進・退会者の防止

3)

若年層、学生会員の確保

4)

OB支部、OB会の活性化

5)

会費納入方法の検討(本部)

  • 2020年度の増員目標数(1500名)を目指す。
  • 協会役員の連盟加入率80%を目指す。
  • 未加入施設への訪問を看護協会と連携して行う。
  • 退職者、産休育休者に継続入会を働きかける。
  • 学校訪問を行い、学生会員増を図る。
  • 各支部に幹事をおきOB支部活性化を図る。
  • 各支部でOB会を開催する。
  • 会費納入について現場の声を聴く。
  1. 佐賀県看護連盟の効率的な組織運営
1)

佐賀県看護連盟の規約に基づいた効率的運営

2)

財政等の健全化適正化

  • 経費削減に努め、活動の活性化を図る。
  1. ブロック協議会の活動への協力
1)

九州ブロック協議会と事業連携を強化する

  • 九州ブロック協議会会長会議等に参加し情報交換を行う。
  1. 支部組織の活動の強化・促進
1)

支部組織の強化・支部役員・リーダーの意識の強化

2)

各会員のモチベーションの強化

  • 県役員が支部役員会や研修会に参加する。
  • OB会、施設代表者会議に参加支援する。
  • 青年部が支部役員会に参加し交流と活性化を図る。
  1. 若手会員の育成
1)

若手会員の活性化の促進

  • 役員・委員に若手会員を登用する。
  • SNSを活用し青年部活動の幅を広げる。
  1. 関係団体・関係組織との連携・強化
1)

看護協会以外の関係団体との交流促進

  • 自民党佐賀県連女性局、青年局等へ積極的な参加を図る。
  1. 現場の課題への対応
1)

「現場の声活用促進委員会」等への提言

  • 「現場の声」の回収率を伸ばし、国会議員・地方議員へとつなげる。
会員の福祉の充実
  1. 災害への対応
1)

災害発生地への支援

  • 各支部の災害時の情報発信をする。
  • 災害見舞の支援を継続する。
  1. 福利厚生への対応
1)

佐賀県看護連盟規約に基づく対応

  • 物故者への対応をする。
  • 慶弔等への対応をする。
  1. 諸問題への対応
1)

会員の安全の保証

  • 専門家(本部)と相談し速やかに解決する。

佐賀県佐賀市久保田町大字徳万1997-1 TEL 0952-68-5437 FAX 0952-68-5438

PAGETOP
Copyright © 佐賀県看護連盟 All Rights Reserved.