ホーム > 研修会 > 研修会報告

研修会報告

1536411153441.jpg       1536411143872.jpg

1支部研修会

日時 平成30年7月1日(日)

場所 ROUND1スタジアム佐賀店

513.JPG        509.JPG

 平成30年7月1日10時からROUND1スタジアムにて1支部研修会を行いました。

(参加者21) まず岩田和親衆議院議員より国政状況、議員の活動など情熱ある

講演を拝聴することができ議員を身近に感じ、知ってもらうということで、伝わるもの

は大きかったと思います。

 その後チームに分かれてボーリング大会を行い交流を深めることができました。

 アンケートは協力的で全員の回収ができ有難うございました。

今後に向けて参加者には、偏りなく参加してもらうよう工夫を凝らしたり、施設に

出向いて行うことも考えなくてはならないと感じた研修会でした。

                                    

                                      1支部長 野田 秀子  

現場の声・意見

6月30日総会の大島氏の講演はよかったですが、講演開始が遅れたのは少し残念でした。
  早く来た人は1時間以上待ってありました。
日々看護職の為に労働条件の改善につとめて頂きありがとうございます。

平成30年度佐賀県看護連盟通常総会・大島敏子先生特別講演

日時 平成30年6月30日(土)

場所 ガーデンテラス佐賀ホテル&マリトピア

現場の声・意見

特別講演は大変良かった。今日の講義でパワーが湧き、選挙により一層と力がついた
  気がします。
今日の講演をきかせて頂き連盟の位地づけ、パワー=数という事がわかった。
  かざりのないお話で大変わかりやすかったです。スタッフにも啓蒙できたらと思って
  います。
  病院の方針でNS(職員)の数が絶対的に不足しています。きれいごとで看護の質を
  うたっていますが、現実は厳しいと感じるのです。スタッフの疲弊もMAXです。
会費を口座から自動引き落としにしてほしい。院内や各部署で現金を集めるのは大変
  ですし、現金であるがゆえに会員になるのを躊躇している者も多いです。
今日の講演で一人でも多くの人が選挙に行ってもらえればと思います。
介護職の処遇改善手当により看護職との給与面で逆転現象が生じていてモチベーション
  の低下につながっている。
特別講演、大変勉強になりました。

 

3支部研修会

日時 平成30年5月22日(水)

場所 伊万里有田共立病院

内容 看護連盟基礎研修

現場の声・意見

24時間保育や病児保育が可能な病院があれば子育て中の女性でも安心して仕事が出来る
  と思う。
患者様の高齢化と共に医療+介護が必要となり、治療が終了してもリハビリを行い
  機能改善しないと退院できません。
  看護体制での人員は足りていても質の向上が出来ないのが現状です。診療報酬の改定で
  いろいろと規制される事が多くなっています。病院経営、看護の充実が出来るように
  どのように行動を起こせばいいのか苦慮しています。
妊活している方への応援(不妊治療への援助など)大手企業では不妊治療をしている人
  への休暇を設けているところがあるようです。(ANAやJALなどは実施している
  ようです)夜勤の免除など検討して働きやすい環境を整えてほしい。

 

 

平成30年度 第1回 佐賀県看護協会・佐賀県看護連盟合同研修会

日時 平成30年5月27日(日)

場所 佐賀県看護協会 看護センター

   意見交換会  ~現場の声を国政に!!~

   参議院議員比例代表(全国) 石田 まさひろ先生

   参議院議員(佐賀県選挙区) 山下 雄平先生

 

現場の声・意見

小児科の看護師の評価もない現状。新生児の医療もすすみ、助けられた命も多い。
  小児医療を診てくれる病院も少なく、看護師が疲弊をおこし辞めているのが現状です。
パワハラ・逆パワハラ
最後の夜勤手当の件ですが、公務員が上がったからといってすぐさま民間病院には繁栄
  されません。民間病院は診療報酬がこれだけ手当がつくから収益が上がるので、これを
  NSの手当、それ以外の方々への手当にという形として問題をあげています。
  クリカは良かったです。
コストを人件費から削減しているのは困る。
超勤はしたくてしている訳ではないのに、何でそうなるのか理由をはっきりしようと
  せずに超勤するなとばっかり言われるのは納得がいかないです。
パートだから危険手当や扶養手当がない。
看護必要度の記録の件で、今後検討していくつもりだと話を聞き安心しました。
医師のパワハラがひどく、若いNSも師長・主任も委縮している姿が悲しい。
  有給休暇がもう少しとれる職場にしたい。
  クリカはとても良かった。
人員不足が職員のワークバランスにつながらない。
現場で実際に働く人員の不足 ワークバランスを支えることは大切ですが、雇用人数
  上限を最大数として支援する事で取得者の増加は現場の人員不足につながっています。
  たとえば〇%以上支援している場合、雇用上限を超えて人員を確保し現場の看護力を
  保証する等の制度はどうでしょうか?
  今回のグループ分けの意味が不明。座っている場所によって非常に見にくかった。
個人病院の考え方、働き方などのバラつきが気になっています。
看護職員の健康、やりがい、賃金を守っていくことの大切さを感じている。
  今日の討議は新しいやり方で良かった。
看護の問題は記録や残業などの繰り返し問題となっています。
  働き方をもう一度考える機会を持つことが必要ではないでしょうか。
クリカの方法はとても良かったです(見える・言える・共有できる)
今回のような研修が年に数回あればと思います。(議員さんとの意見交換)
  せっかく区分けされていたので、自己紹介や意見が聞けたらと思いました。
普段聞けないこともクリカを利用する事で言い易かったです。
大変興味深い内容でした。クリカのツールを使った手法はおもしろかったです。
  グループ分けはいらなかったです。(首が痛かった)
クリカの研修は初めてだったが、気軽に質問できて良かったと思った。
  又、楽しく飽きない感じだった。
クリカの活用がとても良かったです。
色々な意見や思いを聞く事ができて参加してよかったと思いました。
  現場の声、本当にそうだと感じる事が多かったので、石田先生・山下先生に伝わり
  良かったと思います。
クリカに参加する事で、直接石田先生や山下先生に声が届いた感じがして嬉しいです。
  是非今日の意見交換で出ていた課題について宜しくお願い致します。
クリカを使ってみて自分の意見を匿名で発信できて良かったです。
クリカを導入した研修は初めてで、他の方の意見が聞けてよかった。
今回のクリカシステムを使っての研修は良かった。
国会議員の方より直接質問に答えてもらい、とても有意義で分かりやすかったです。
  クリカはとても良いと思いました。
クリカを使用することで自由に意見を述べられました。
WEBを経由しての質問、意見を聞く事ができて学ぶことが出来ました。
質問をタイムリーに答えていただき分かりやすかったと思います。
色々な意見が聞けて良かった。深まった意見も欲しいかなと思いました。
クリカで質問する事が出来ず、残念でした。
タイムリーに意見が出せなかった。

 

 

 

 

2・4支部合同研修会

日時  平成29年2月4日(土)
場所  アバンセ

研修  看護連盟基礎研修
講演  「身近な物で からだ リセット!!」
    講師  健康運動指導士  古川 武 先生


 現場の声意見

・佐賀県では平成26年度に認定看護師育成のための補助事業がありましたが、今は中止になっています。施設から補助出来ない場合、受験者の負担もありなかなか受講したくてもできない状況です。国からの予算を組んでもらい、佐賀県でもっと認定を取得できるようになったらと思います。

・現場の声として、現在急性期病院の病棟NSとして勤務しているのですが、患者へのケアや病棟業務に関しては非常に充実している反面、病棟スタッフ(上司)との人間関係が勤め始めてからずっとストレスです。院内での異動や退職等を話しても、この時期まではダメだとずるずる引き伸ばされ、辞めたくても辞めさせてもらえない現状です。
これは人員不足で辞めさせてくれないのでしょうか?労働組合などに言うべきですか?

・親の介護のため、7年ほど看護職を離れていました。昨年から看護職にもどりましたが、ブランクによるストレスで体調を崩しました。今回、自分の体験で感じたのが、ブランクがあるNSに対してフォロー的な研修なども入れていく必要があるかと思っています。
今回の研修でこれまで連盟や協会の方々の努力から成り立っていることを改めて確認し、感謝の気持ちでした。
※協会や連盟の入会について
参加の意味は充分に分りましたが、年会費や会費は高く又、家庭を持っている中での活動や研修は負担も大きいと思います。(若い世代は特に)必要ではあると思いますが、その点も改善して欲しいと思います。

・給料が低い

・外来に勤務(所属)
Dr 増員(診療料の増設)の際、看護師の増員がないまま現状スタートする為、介護につけない若しくは仕事の負担が増えた。一人の看護師が多くの業務に携わりハイリスクだと感じる事がある。

・お給料がなかなか上がらないのが悲しいです。

 


 

1支部研修会

日時  平成29年2月1日(水)
場所  いぬお病院
出席者数   51名

1部「佐賀県看護連盟の歴史と活動内容を伝える」
  講師  佐賀県看護連盟会長代行  藤山 美子
2部 ホメオストレッチ「心と体が楽になる生き方を身に付けませんか」
  講師  BTUストレスマネジメント研究所 長瀬 千枝先生

意見
・看護連盟の歴史を分かりやすく説明して下さいました。

 


 

3支部研修会 平成28年6月27日

3支部研修会 平成28年6月27日

 


 

1支部研修会 平成26年9月27日

1支部研修会 平成26年9月27日

 |