ホーム > 青年部 > 活動報告 > H30年度 > 平成30年度佐賀県看護連盟通常総会

佐賀大学医学部附属病院 吉井 雅浩

 

 平成30年度佐賀県看護連盟通常総会が630日に開催されました。 

 平成30年度スローガン「ベッドサイドから政治を変える!」~ 一人ひとりが成熟・自律した活動をする ~ 

 上記をテーマとし、大島敏子先生を講師に迎え、「看護政策と臨床」~地位向上と職場環境改善のために~という内容の講演をしていただきました。 

 私自身、今回が青年部としてはじめて参加させていただいた総会でした。看護と政治のつながり、私たち看護師の代表として、日本中の看護師の声を政治の現場に届けてくださる国会議員の先生方の存在意義について、理解できる大変貴重な講演でした。 

 医療現場が迎える2025年問題、看護師の役割拡大など、私たち看護師のこれから先の未来について考える機会となりました。 

 私たち看護職が迎える未来が、希望にみちた明るいものであるためには、看護の現場の声を政治の場に、もっともっと届ける必要があります。そのために、全国の看護連盟青年部のみなさまが主体となって意見交換の場をつくろうと尽力されてあります。青年部のこのような役割も、今回参加させていただき知ることができました。 

 1020“九州ポリナビワークショップinさが”が佐賀県で開催されます

ひとりでも多くの看護職のご参加をお待ちしております。

 IMG_0575.JPG 大島敏子先生.JPG